保育士資格の試験情報と対策をはじめ、体験談やオススメ教材・通信教育など、試験で保育士資格をめざす人にきっと役立つツウな情報を発信中♪

保育士資格.get > 試験のマメ事情 > 保育士はピアノを弾けないとダメ!?

試験のマメ事情

保育士はピアノを弾けないとダメ!?

私はピアノが得意な方ではありませんが実技試験で「音楽」を選びました。
実技試験を受けるとき、「周りはピアノが上手い人ばかりかな…」と緊張していました。

ところが試験を受けてみると、ピアノを弾けない人でも「音楽」を選んでいることが分かりました。全くピアノを弾けなかったという人に、どんな練習をしたのか聞いてみると、「4月から保育士試験のためにピアノ教室へ通った(※)」とのことでした。

「すごい!わずか半年で…」
その人は試験の本番中、途切れたり間違えることもありましたが、最後まで一生懸命に弾いていました。
結果はどうだったか確認できていませんが、個人的にはそのヤル気に感動しました。

保育士試験の「音楽」では、ピアノを完ぺきに弾けることなんて求めていないと思います。それよりも、子どもたちと楽しむ気持ちを表現する方が大事な気がします。

ちなみに、保育園で働いている保育士だって、ピアノを上手に弾ける人ばかりとは限りません。ただし、子どもたちの前で弾くからには、途中で止まることのないようにしたいです。

極端な話をすると、右手だけでも、歌だけでもスムーズに続けたいものです。途中で止まると、素直な子どもたちは、「あれぇ?」となってしまいます。
(個人的には、ピアノを弾きながら歌えないなら、カスタネットやタンバリンでリズムをとるだけ(伴奏なし)で歌うことがあっても良いと思うのですが…)

まとめると、ピアノを弾けない人は絶対に保育士になれない、ということはありませんが、弾けると堂々としていられます。今のうちからコツコツ練習しておくと良いですね。また、職場によってやり方が違うので、そこでの事情に合わせてください。

最後に、実技試験の体験から大事だと感じたことは、ピアノをもともと「弾ける」か「弾けない」かではなくて、「やる」か「やらない」かだと思いました。ご健闘をお祈りします。

(※実技対策したい人を募集しているピアノ教室もあるようです。まずは問い合わせてみましょう。) 


「保育士資格.get」トップページへ


効率よく保育士試験に合格したいなら 

資料0円、こんなの無かった!
   四谷学院の【保育士講座】

たくさんある保育士講座を調べました。 証拠写真→ 保育士講座

その結果、四谷学院の【保育士講座】
は、ため息が出るほどステキな講座です(もしかしたら鼻血も…)。 

なんと、保育士試験の合格率が全国平均の2.6倍ですって。
たとえば自分自身の合格率が2.6倍になったらウレシイですよね!

四谷学院の保育士講座はなぜ、そんなに合格率が高いのでしょうか?

講義の動画があることや、何でも相談できる担任の先生がいること、講座の監修者が汐見教授という今回の保育士試験制度の改正に携わった方だということにヒミツが隠されているようです。

そして何より「55ナビシステム」が決め手!
この四谷学院独自のプログラムは始めたら最後、面白くてやめられなくなる学習システムになっているということです。

ゲーム感覚で問題演習ができる!
   四谷学院の【保育士講座】

☆汐見教授からの応援メッセージも見られます!

これから保育士試験を初めて受けるアナタも、あと数科目で保育士試験に合格するアナタも、四谷学院の保育士講座は要チェックです!

資料は0円、迷う時間がもったいない!
   四谷学院の【保育士講座】