保育士資格の試験情報と対策をはじめ、体験談やオススメ教材・通信教育など、試験で保育士資格をめざす人にきっと役立つツウな情報を発信中♪

保育士資格.get > 01.社会福祉

01.社会福祉

「社会福祉」おおすじ

保育士の筆記試験で1つめの科目は「社会福祉」です。
ここでは、「社会福祉」にまつわる記事を掲載します。

「「社会福祉」おおすじ」詳細はこちら

現代「社会福祉と保育士のたちば」

社会福祉は、「生活問題などを解決するための手段や技術」としてとらえると、4つの要素からできているといえます。

「現代「社会福祉と保育士のたちば...」詳細はこちら

現代「うつりゆく社会の福祉問題」

社会福祉が登場して間もないころ、福祉問題はとても少なかったようです。このころの対象は、ものすごく貧しい家庭や保護が必要な子どもに限られていました。

「現代「うつりゆく社会の福祉問題...」詳細はこちら

現代「いまの社会と福祉ニーズ」

福祉ニーズは、「生活者が求めていること」と「社会としても満たす必要があること」が合わさったときに発生します。

「現代「いまの社会と福祉ニーズ」」詳細はこちら

歴史「救貧法の誕生」

16世紀のはじめにイギリスで大量の貧困が発生しました。そのながれで、世界初の救貧制度が誕生します。

「歴史「救貧法の誕生」」詳細はこちら

歴史「2つの貧困調査」

19世紀から20世紀はじめ、イギリスで2つの貧困調査がおこなわれました。

「歴史「2つの貧困調査」」詳細はこちら

歴史「社会保障のはじまり」

第2次世界大戦のもと、イギリスで大切な報告書が発表されました。

「歴史「社会保障のはじまり」」詳細はこちら

歴史2「日本むかしの社会福祉」

日本での救済制度のはじまりは、聖徳太子が四天王寺に建てたとされる四箇院(しかいん)だと言われています。

「歴史2「日本むかしの社会福祉」」詳細はこちら

歴史2「明治時代と恤救規則」

日本では、明治時代に初めて貧困者を救済する法律ができました。

「歴史2「明治時代と恤救規則」」詳細はこちら

歴史2「慈善救済事業の発展」

明治時代の半ばから、児童保護事業を中心として社会のために情熱をそそいだ人たちがいます。

「歴史2「慈善救済事業の発展」」詳細はこちら

歴史2「戦後の日本と福祉三法」

第2次世界大戦に敗れた日本では、どんよりした世の中が続いていました。
その現状に対してGHQ(連合国軍総司令部)は、昭和21(1946)年2月に「公的扶助に関する覚書」を提示します。

「歴史2「戦後の日本と福祉三法」」詳細はこちら

歴史2「福祉六法の時代へ」

昭和30(1955〜)年代になると日本は「高度経済成長期」へと向かいます。

「歴史2「福祉六法の時代へ」」詳細はこちら

体系「近年の社会福祉の法律」

私たちがより良く暮らしていけるように、社会福祉の法律が整えられています。

「体系「近年の社会福祉の法律」」詳細はこちら

体系「われらが厚生労働省」

社会福祉の行政を引き受けているのは、主に厚生労働省です(保育士をめざす人ならピンときますね)。

「体系「われらが厚生労働省」」詳細はこちら

体系「2つに分かれる社会福祉事業」

社会福祉法の第2条では、社会福祉事業を第1種と第2種に分けています。

「体系「2つに分かれる社会福祉事...」詳細はこちら


効率よく保育士試験に合格したいなら 

資料0円、こんなの無かった!
   四谷学院の【保育士講座】

たくさんある保育士講座を調べました。 証拠写真→ 保育士講座

その結果、四谷学院の【保育士講座】
は、ため息が出るほどステキな講座です(もしかしたら鼻血も…)。 

なんと、保育士試験の合格率が全国平均の2.6倍ですって。
たとえば自分自身の合格率が2.6倍になったらウレシイですよね!

四谷学院の保育士講座はなぜ、そんなに合格率が高いのでしょうか?

講義の動画があることや、何でも相談できる担任の先生がいること、講座の監修者が汐見教授という今回の保育士試験制度の改正に携わった方だということにヒミツが隠されているようです。

そして何より「55ナビシステム」が決め手!
この四谷学院独自のプログラムは始めたら最後、面白くてやめられなくなる学習システムになっているということです。

ゲーム感覚で問題演習ができる!
   四谷学院の【保育士講座】

☆汐見教授からの応援メッセージも見られます!

これから保育士試験を初めて受けるアナタも、あと数科目で保育士試験に合格するアナタも、四谷学院の保育士講座は要チェックです!

資料は0円、迷う時間がもったいない!
   四谷学院の【保育士講座】