保育士資格の試験情報と対策をはじめ、体験談やオススメ教材・通信教育など、試験で保育士資格をめざす人にきっと役立つツウな情報を発信中♪

保育士資格.get > 02.児童福祉(旧) > 子どもたちをとり巻く環境

02.児童福祉(旧)

子どもたちをとり巻く環境

子どもたちは家庭や地域社会の中で、さまざまな経験をしながら成長していきます。家庭や地域社会はとても重要な役割を持っています。そして、子供たちをとり巻くそれらの環境は、時代とともに変わっています。

厚生労働省では、全国の家庭にいる児童や世帯の状況を知るために、5年ごとに「全国家庭児童調査」をおこなっています。

それによると、「父母とも同居」している世帯のうち「共働き」世帯は54.3%で、前回(平成11年の調査)より2.7%高くなっています。
また、「家族そろって一緒に食事をする日数」について最も多かったのが、朝食では「ほとんどない」の30.6%、夕食では「2〜3日」の36.3%でした。

子どもたちの「普段の遊び場」については上位から順に、「友達の家」65.2%、「自宅」52.5%、「公園」28.6%、「商店街やデパート」27.0%、「本屋やCD・レコード店」24.7%、「学校の校庭や体育館」および「ゲームセンター」20.5%となっています。
このほかに「車のあまり通らない道路」や「空き地」、「神社やお寺」といった遊び場の種類もありますが、いずれも少数です。全体的にみると、屋外での遊びはとても少ないことがわかります。

 

memo 

調査の結果にどのような印象を受けましたか?
ほかに、「父母の仕事の種類別にみた子どもたちとの会話時間」や「1ヵ月間にかかる養育費の状況」など、具体的な調査結果もありますので、参考までにどうぞ。(厚生労働省「平成16年度全国家庭児童調査結果の概要」http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/06/dl/h0630-6b.pdf)


[参考文献]
1.全国社会福祉協議会『 保育士養成講座(第2巻) 』(2007.2)
2.ミネルヴァ書房『 
社会福祉小六法 』(2007.2)
3.大阪教育図書『 
保育士のための基礎知識 』 (2006.9)


前のページへ BACK 「保育士資格.get」トップページへ NEXT 次のページへ


効率よく保育士試験に合格したいなら 

資料0円、こんなの無かった!
   四谷学院の【保育士講座】

たくさんある保育士講座を調べました。 証拠写真→ 保育士講座

その結果、四谷学院の【保育士講座】
は、ため息が出るほどステキな講座です(もしかしたら鼻血も…)。 

なんと、保育士試験の合格率が全国平均の2.6倍ですって。
たとえば自分自身の合格率が2.6倍になったらウレシイですよね!

四谷学院の保育士講座はなぜ、そんなに合格率が高いのでしょうか?

講義の動画があることや、何でも相談できる担任の先生がいること、講座の監修者が汐見教授という今回の保育士試験制度の改正に携わった方だということにヒミツが隠されているようです。

そして何より「55ナビシステム」が決め手!
この四谷学院独自のプログラムは始めたら最後、面白くてやめられなくなる学習システムになっているということです。

ゲーム感覚で問題演習ができる!
   四谷学院の【保育士講座】

☆汐見教授からの応援メッセージも見られます!

これから保育士試験を初めて受けるアナタも、あと数科目で保育士試験に合格するアナタも、四谷学院の保育士講座は要チェックです!

資料は0円、迷う時間がもったいない!
   四谷学院の【保育士講座】