保育士資格の試験情報と対策をはじめ、体験談やオススメ教材・通信教育など、試験で保育士資格をめざす人にきっと役立つツウな情報を発信中♪

保育士資格.get > 05.小児保健(旧) > 学校で予防すべき伝染病の種類

05.小児保健(旧)

学校で予防すべき伝染病の種類

乳幼児期は、いろいろな感染症にかかりやすい時期です。

保育所では、学校保健法の「学校で予防すべき伝染病(学校伝染病)」で定められている内容を、同じように当てはめて用いています。

学校で予防すべき伝染病は、以下のように分類されています(平成18年6月9日施行)。

<第1種>
・エボラ出欠熱
・クリミア・コンゴ出欠熱
・重症急性呼吸器症候群
(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る)
・痘そう、ペスト
・マールブルグ病、ラッサ熱
・急性灰白髄炎、コレラ
・細菌性赤痢、ジフテリア
・腸チフス
・パラチフス

<第2種>
・インフルエンザ
・百日咳
・麻疹
・流行性耳下腺炎
・風疹
・水痘
・咽頭結膜熱
・結核

<第3種>
・腸管出血性大腸菌感染症
・流行性角結膜炎
・急性出血性結膜炎
・その他の伝染病

これらの伝染病には、それぞれ出席(登園)を停止しなければいけない期間が決められています。

第1種は「治るまで」、第3種は「医師が伝染のおそれはないと認めるまで」、と分かりやすくなっています。いっぽう、第2種については、例えばインフルエンザは「解熱した後2日を経過するまで」、風疹は「発疹が消失するまで」、というように伝染病の種類によって異なります。

memo 

子ども達に多い伝染病は第2種で、飛沫感染(咳やくしゃみでウイルスなどが散るため感染する)によるものです。集団生活の場では、その予防に努めなければいけません。 


[参考文献]
1.全国社会福祉協議会『 保育士養成講座(第5巻) 』(2007.3)
2.ミネルヴァ書房『 
社会福祉小六法 』(2007.2)
3.大阪教育図書『 
保育士のための基礎知識 』 (2006.9)


前のページへ BACK 「保育士資格.get」トップページへ NEXT 次のページへ


効率よく保育士試験に合格したいなら 

資料0円、こんなの無かった!
   四谷学院の【保育士講座】

たくさんある保育士講座を調べました。 証拠写真→ 保育士講座

その結果、四谷学院の【保育士講座】
は、ため息が出るほどステキな講座です(もしかしたら鼻血も…)。 

なんと、保育士試験の合格率が全国平均の2.6倍ですって。
たとえば自分自身の合格率が2.6倍になったらウレシイですよね!

四谷学院の保育士講座はなぜ、そんなに合格率が高いのでしょうか?

講義の動画があることや、何でも相談できる担任の先生がいること、講座の監修者が汐見教授という今回の保育士試験制度の改正に携わった方だということにヒミツが隠されているようです。

そして何より「55ナビシステム」が決め手!
この四谷学院独自のプログラムは始めたら最後、面白くてやめられなくなる学習システムになっているということです。

ゲーム感覚で問題演習ができる!
   四谷学院の【保育士講座】

☆汐見教授からの応援メッセージも見られます!

これから保育士試験を初めて受けるアナタも、あと数科目で保育士試験に合格するアナタも、四谷学院の保育士講座は要チェックです!

資料は0円、迷う時間がもったいない!
   四谷学院の【保育士講座】